マンション管理士とは、比較的新しく出来た国家資格(有用性が高い分、取得するのが困難だといわれています)の一つでしょう。現在、日本には?あるマンション(ファミリー型とワンルーム型に分けられますが、近年では多様化しているようです)があって、日々増加傾向にあるのです。これまでは、管理会社がマンションの管理を行ったり、大家さんが管理を行ったり、管理会社が雇った人が管理人をしたりするのが一般的でした。しかし、さまざまな問題が発生するようになり、マンション管理をする人たちに的を射た助言をするための国家資格(業務独占資格や名称独占資格のように、取得することで業務を行うことができたり、名乗ることが許されたりする国家資格もあるため、取得しても役立たないということはあまりないでしょう)が創設されました。マンション管理士の資格があれば、マンション管理組合の運営を行ったり、管理組合や管理に関する相談を聞きたり、アドバイスを行うことができます。つまり、管理組合側と管理会社側との仲介などを行なって、トラブルや問題を解決させる為の助言を行うことができるのです。では、マンション管理士の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)を持っていると、どのような就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)先があるのです。現段階ではまだそんなに需要が多くはありませんが、不動産業界や建築業界が主な就職先となるでしょう。また、マンション(実は和製英語なんだそうです)管理会社やマンション(高級感を与えるために住宅販売業者などが使い始めたと言われています)管理コンサルティング会社なども資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)が有利に働く業界です。マンション管理士の資格のメリットは、独立が可能なことや年齢に関わらず今後需要が増える見込みだということです。今はまだ、そんなに重要視されていない風潮が消えていません。でも、今後は、場合によるとマンションの管理人になるのにもマンション管理士(全国各地にマンション管理士が加盟する団体があるようです)の資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)が要求されるなどといった可能性もないとはいえません。また、マンション(高級感を与えるために住宅販売業者などが使い始めたと言われています)管理会社には、必ずマンション管理士が必要となるという可能性もありますー